BRAND STORY

うまれる場所

より多彩な料理を楽しむ為それぞれに最適な素材と製法を
組み合わせた使い勝手の良い洗練されたキッチンウェア
工場で働く職人とあなたを繋ぎあなたとあなたの大切な人を繋ぐ
暮らしになじむ本物の道具

ABOUT ENZO

燕三条から生まれる
縁を造る最適なキッチンウェア

新潟・燕三条は、日本一のキッチン用品の産地であると同時に、工場の垣根を超え多素材多製法のものづくりを行う珍しい地域です。『enzo』は、60年以上にわたり工場と共にキッチン用品をご家庭に届けてきた私たちが、〝もっと料理の楽しさを感じて欲しい〟という想いから、調理法に応じて適した素材とカタチを追求したプロダクトです。燕三条の各工場の得意とする技術を掛け合わせることで、使い勝手の細やかなニーズに応える、多様性に満ちたラインナップを実現しました。

工場に眠る金型。先人の手によって、造られた技術の結晶。磨きなおし、少し手を加え再び命を吹き込んだ。新しいものは、得てして古いものから生み出される。踏み込む足の力を変えながら少しずつ形を整える。圧力も、回数も、全てが感覚の職人技。

金属は生き物。材料のクセを理解しなければ小さなねじれが大きなひずみになっていく。そこが難しい、だから面白い。製品に合わせて、機械を調整し手探りで正解を探す。途方もない作業。でも、そこが腕の見せどころ。

創業から約50年間、ずっと木製品を扱ってきた。できるできないはもちろん、ある。それでも可能な限り応え続ける。その結果が機械の数。

少しでも可能性があれば挑戦する。
持てる技術と知恵を活かしてどう変われるか
そのためにこれからも追求し続ける。
ものづくりはまだまだ、これから。