2020.10.10

鉄フライパンの使い方/お手入れ方法

鉄フライパンは一般的な「ふっ素樹脂加工フライパン」とは、お手入れ方法が異なります。

正しいお手入れ方法が、長くお使いいただくポイントです。

調理後は内容物をすぐに他のお皿や容器に移してください。
料理を入れたままにしておくと料理の塩分や酸等によりサビ発生の原因になります。
使い終わったらすぐに洗って水気を飛ばしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<手順>

1)鉄製品が温かいうちに「たわし」や「ささら」を使い、お湯で洗います。

※ささら:竹や細い木などを束ねて作られる道具。たわしと同様に食器類の洗浄に用います。

2)水気を拭き取り中火で加熱し、完全に水気を飛ばします。

※水分が付着したままですと必ずサビますので注意してください。
※水道中の微量成分が残留し白い汚れ状に見える場合があります。人体に入っても問題ありません。

3)キッチンペーパー等を使い、内側に油を擦り込むように塗ります。

※フライパンが熱くなっていますので、ヤケドに注意してください。

※洗剤を使うとなじんだ油が洗い流されてしまい、焦げやすくサビやすくなってしまいます。
※長い間使わない時は、油を塗って湿気のない場所で保管してください。